マルマツのどうまい浜松餃子は本当にどうまいのか?

スーパーなどで売っているマルマツのどうまい浜松餃子を買って食べてみました。

マルマツは、餃子一筋50年の会社で、1日に100万個も餃子を製造しています。

浜松餃子の出荷量日本一だそうです。

業務用でレストラン、ラーメン屋、居酒屋などにも販売しています。

完全予約制ですが、工場見学も行っております。

 

マルマツのどうまい浜松餃子

税抜き350円と激安です。

激安ですが、原材料情報をホームページで開示していて安心感があります。大量生産でとても安く製造できるということもあると思います。

こちらはパッケージの裏の原材料です。

マルマツのどうまい浜松餃子の原材料

食事レポート

15個入りの冷凍餃子です。

マルマツのどうまい浜松餃子の中身

焼き方ですが、通常は水分がなくなってきたら少し焼いて焼き色をつけるのですが、こちらの説明では最初に冷凍の状態で焼き色をつけてから、水を入れて蒸し焼きにします。

マルマツのどうまい浜松餃子の焼き方

最初に焼き色をつけます。

マルマツのどうまい浜松餃子を焼く

最初に焼いて焼き色をつけたのでうまく焼けました。

マルマツのどうまい浜松餃子の完成

餃子は少し小さめです。

マルマツのどうまい浜松餃子を醤油につけたところ

皮がわりとしっかりとしています。さすが老舗の餃子の会社だけあって美味しいです。シンプルな味わいです。

元祖餃子という感じ。

マルマツのどうまい浜松餃子の断面

この最初に焼き色がつくまで焼く焼き方はとてもいいと思いました。

テフロン加工などくっつかないようなコーティングを施したフライパンを使う方が多いと思います。

あまり強火に出来ないし、なかなか焼き色がつかず、ついつい加熱時間が多くなり水分が飛んでしまって、餃子のジューシーさが無くなってしまうことも多々ありました。

その点、最初に焼き色をつけるのであとは、パッケージの説明に書いてあるように弱火で水分を少し飛ばせば良いので、そのような失敗はしなくて済みます。

マルマツの餃子はこの餃子だけでなく、何種類かあります。

マルマツの餃子はとにかく安いですね。シンプルであっさりしています。主役ではないけど、いい脇役という感じですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です